歯科の施術は様々にある|入れ歯の治療の種類と方法

歯医者

保険も適用できる

歯

歯科で施術してもらえる入れ歯には、部分入れ歯という方法があり元々歯の本数が少なく歯と歯の間に隙間が空いたり、むし歯などで一部の骨がなくなった場合にそこを補う方法です。そうすることで、食事での違和感がなくなったり発音がよくなったりするでしょう。また歯科ではむし歯を治療してから部分入れ歯の治療にすぐ移ることが可能です。虫歯を取り除いた箇所に部分入れ歯を取り付けます。部分入れ歯は、自分自身で取り外しが可能で綺麗に手入れができますが、食事中に外れそうになる場合もあります。そこで、部分入れ歯をずらさないためにバネが組まれています。その他にも歯科では様々な治療を行っています。例えばむし歯が抜けた部分に対して代わりになるものが人工歯です。人工歯は、むし歯の治療で失った歯の代わりに取りつけるもので、これらの部品を組み合わせて部分入れ歯ができています。しかし、保険が適用されるかどうかは診断で決まります。保険が適用される場合ではプラスチックの樹脂の種類や歯の欠陥した本数によって費用が変わってきます。保険が適用されないのは、金属系の部品を使った入れ歯で金合金や特殊の合金なども歯の素材を使ったものです。
他にも金属床義歯というのもあります。これは金属でできており入れ歯の形を自由に変形させることが可能です。これはさきほどの部分入れ歯よりも話しやすかったり、食事の際も違和感なく過ごすことができるのでお勧めです。薄いからといって壊れやすいものではなく、金属で出来ているので丈夫なのです。

歯科の施術方法の1つ

woman

インプラント治療をすることで歯が元通りになります。京都の歯科でも受けられるのでカウンセリングを受けてみてはいかがですか。失った歯を再生することは様々なメリットがあるので試してみましょう。

詳細を読む

様々にある分野

歯

大分で安心して歯の治療を受けるには、腕のよい歯医者を見つけることが大切だと思われます。歯の分野にも専門の分野があり、それに特化した先生に診てもらうことをおすすめします。

詳細を読む

インプラントの保険内容

smile

インプラントを用いた治療は大分に限らず日本全国で受けることができ、今現在注目を浴びている施術方法になります。歯並びが悪い状態は治療することで改善へと繋がり、歯に対してのストレスを軽減することができます。

詳細を読む